50代からの司法試験

50にして天命を知り、突然司法試験を目指そうと思い立ちました。アラフィフでどこまでいけるか。

アエラ「独身おじさん友達いない」問題が意外に深刻 「会社以外ではいつも一人ぼっち」の中年男性はどうすればいいのか

今週は勉強を休んで、一足早い夏休みにしています。

ありがたいことに元同僚たちが試験結果を気にかけてくれていて、昨日は近況報告がてらランチしてきました。明日も別の同僚とランチです

 

最近話題になっていたアエラの記事「独身おじさん友達いない」問題が意外に深刻 「会社以外ではいつも一人ぼっち」の中年男性はどうすればいいのか

私は昔から友達がいなくて(LINE登録は妻も含めて3人)、中年になって始まったことではないので「今更そんなこと気にしてるんだ、ふーん」と読み飛ばしていました。

 

で、ふと思ってしまったんです。確かに共通の趣味はないし、互いの家を行き来する関係でもない。でも、辞めてからも連絡を取ってたまにランチするようなら、これは「友達」ではないのか? 

「友達」というと、中高生時代のような濃厚な付き合いを想像してしまうので、大人になってからの交友関係は「知り合い」「同僚」「仕事のつながり」ランクにしてしまいます。

でも、もう五十代です。用もないのにファミレスで一晩喋ってたり、実のない会話するために4時間電話で話したり(しかも固定電話!)するような年齢ではありません。

となると、仕事とは関係なくたまに会ってランチして終わる。これは立派な「友達」ではないでしょうか。

いつ縁が切れてもおかしくないような細いつながりだけど、それは中高生の時も一緒ですよね。同じ学校という共通項がなくなったら音信不通になる「友達」も多いのではないでしょうか。だったら、今つながってる人は「友達」でいいのでは。

 

こう定義したら、アエラに出てくるおじさんたちも友達増えるんじゃないかな。