50代からの司法試験

50にして天命を知り、突然司法試験を目指そうと思い立ちました。アラフィフでどこまでいけるか。

実家は負動産か

ここ最近、実家のことで悩んでいます。

郷里にある実家は築70年程度、老いた両親が住んでいます。水回りを中心に具合が悪いところはところどころリフォームしてきたのですが、全体的には耐用年数を大きく超え、いつ傾いてもおかしくない状態です。

一方で両親とも年齢相応に体がいうことを聞かなくなってきており、この先10年の生活のことを考えるとバリアフリー化で相当の手直しが必要です。

私は実家に戻る予定はないので、経済効率だけ考えると投資の価値はありません。おまけに現在無収入で、実家とはいえ人の家にお金をかける余裕はありません。

両親は住み慣れた場所で最期まで過ごしたいと言っているのですが、リフォーム資金があるわけではなく、住み替えるにもローンが組めません。近隣の設備がいい賃貸マンションに引っ越すにも高齢者夫婦だけではハードルは高いです。

収入は年金しかないので高齢者向け公営住宅入居の対象にはいるようですが、持ち家があると資格がないとのことで、これも難しいです。持ち家を解体する証明(請負契約書等)があればクリアできるようですが、いつ当選するかわからない申し込みのために期限未指定の解体請負契約ができるとは思えません。

このままだと私が相続人になるので、黙って数百万円出してリフォームするのが美徳なのでしょうが、そのお金があれば安全で快適(実家は木造で隙間風が入り、夏暑くて冬寒いです)な部屋に引っ越せるよなあ、と思うと躊躇してしまいます。条件を緩めれば老人ホームの入居金くらいにもなりますしね。

それに、少子化・過疎化が進む現在、相続したところで土地が売れるかも怪しいですし、「いつか自分のものになるのだから」とポジティブに考えられません。

 

というわけで、八方塞がりの状態となっています。正解がない問いですね。